岩手県大船渡市三陸町。越喜来半島に聳え立つ我が学び舎「北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)」。学生時代、地元の方々は地方からやってきた若造の我々に、親のように接してくれた。2011年3月の震災にて我々の「第二のふるさと」は波に飲まれ、多くの尊い命が奪われた。受けた恩は返すもの、そして今こそ、その時。このブログは「三陸の父、母」に思いを届ける場。卒業生の思いよ、ここに集え。

サイト運営者より

「三陸で卒業式をしたい」と言う思い

昨年末facebookで知り合った先輩方、そして現役4年生と酒を酌み交わしました。

その折、4年生がポロッと「三陸で卒業式をしたい」と漏らしました。

その場にいた私を含めた卒業生は、ハッとしました。

 

彼らもまた被災者...3年生(当時)にとっては研究室も決まり「さあ、これからやっと海に出てフィールドワーク!と思った矢先の震災。

お世話になった三陸の方を残して、三陸を引き揚げざるを得なかった彼らの心は大きく傷ついたと思います。 それでもなお、三陸を想い、愛していてくれた事が何より嬉しかったです。

 

もちろん「学位記授与式」は大学で行います。

これはあくまでも彼らが三陸に「さようなら」を告げ、お世話になった方々に「ありがとう」を伝える手作りの卒業式です。

それから3ヶ月、地元の方も快く賛同してくれ、また是非とも行きたいと言う4年生も大勢いるようで、その卒業式が実現しそうになって来ています。 

予定は33日。

お時間都合つくOBOG諸氏は是非とも彼らの門出を祝って頂きたいと思います。

詳細が分かりましたら、こちらでもお知らせします。 

北里祭を訪ねて

今週末27日に銀河連邦の仲間である神奈川県相模原にて「音楽しよう」と言う、大船渡応援イベントが開催されます。お時間のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
以前紹介した大船渡楽器サポートの葛西さん(元佐藤デンキ商会)もいらっしゃいます。

サイトはこちら(別ウィンドウで開きます)→「音楽しようhttp://ajisai-concert.blogspot.com/2011/10/blog-post.html

PB060145

11月5,6日に北里大学相模原キャンパスで、「北里祭」が開催され、家族で行ってきましたので御報告します。
私は6日に足を運びました。あいにくの天気ではありましたが、賑わっていました。
現在大学全体が工事中と言った感じでしたが、相模原キャンパスで過ごした10ウン年前の面影もそこかしこに残っていました。
IMG_2530
海洋生命科学部(旧水産学部)は現在、クレッセント棟(私が在学中は学食でした)に居を移しています。
壁には海洋生命らしく、大漁旗が掲げられていました。
PB060140
その中には、長根荘、コスタ三陸のものも。
学部名が「海洋生命」となっているので、最近送られたものかもしれません。

PB060141
そこかしこに岩手を応援する旗が。

PB060119
館内では「水族館(普段もご覧になれます)」を初め、三陸の物産展や三陸キャンパスの紹介などがありました。
PB060123
このパネルは先日、当ブログでも紹介した「海底清掃ボランティア」の活動紹介です。
PB060118PB060117
本来ならば三陸で開催されるはずの「漁火祭」はしばしの中断を余儀なくされます。
漁火祭の紹介もされていました。
私は軽音楽部に所属していたので、漁火祭での演奏は一年の活動の中でもとても楽しみにしていました。

PB060125
模擬店では三陸の幸を炭火焼で提供していました。

PB060138
学生達が必死で焼いていました。

PB060124
「三陸は美味い!」
良い匂いに誘われて、長蛇の列でした!

PB060129
別の棟では学部の進路相談が行われていました。
このパネルは私がいた研究室の現在のものです。

PB060128

プランクトンネットのサンプリング標本に興味津々。

IMG_2538
透明標本は多くの方が手に取り、見入っていました。
こう言ったことから、高校生達も海洋生物に興味を持っていただき、いずれ我々の後輩となって日本の水産を担って欲しいものです。

構内では懐かしい先生や友人、先輩達の姿も見られました。

実は前日、震災後にTwitterなどで知り合った、現役生や先輩達と盃を交わしました。
IMG_2524
世代は違えど、普通に話せる。
それも三陸での生活があってこそ。

これからも三陸に、エールを送り続けたいと思います。


北里生の活動報告

現在はまだ、ネット環境が完全に整っていないと言うのが、大船渡市を初めとした我々の「第二のふるさと」の現状ではあります。
しかし、いつか三陸の皆様がご覧になった時の「勇気」や「応援」になれば!と、多くの卒業生がネットを使い、三陸への思いや卒業生へのメッセージを発信しています。

私も参加させていただいている「三陸町の復興を考えたい」と言うfacebookページがあります。
私から見れば、大先輩を中心に運営されているページですが、そこに一人でも多くの卒業生に伝えたいメッセージが載せられているので、こちらにもご紹介させていただきます。
写真はこちらがお借りした、10月の海底清掃のものです。


「三陸町の復興を考えたい」は、北里大学水産学部(現在の海洋生命科学部)の卒業生の集まりから始まりました。まずは、同じ卒業生の皆さんに、この活動について知っていただきたいと思っています。

 ed07

11月23日、崎浜での海底清掃が行われます。北里大学卒業生や潜水部OBらが中心となって、崎浜漁港での漁業復興のために、震災以降継続的に行われてきた活動です。


 中心となって活動しているメンバーは、自分の仕事との両立や費用の持ち出しなどに努力しながら、地元の漁協の協力、大学関係者、現役学生の参加などの調整も行ってきました。

また、同じ目的を持った団体との連携や、潜水活動を補佐する陸上支援なども模索しながら、息の長い支援を行っていく途上にあります。


ed01ed03

震災以後に様々な支援活動や寄付など、第二の故郷に対する痛みと祈りを行動に移してきた方も多いことでしょう。しかし被害は甚大です。我々をいつも見守ってくれていた心暖かい人々と、社会人となるまでの数年を育んでくれた大自然とに、安らぎや穏やかさが、以前と同じように戻るまでには、まだまだ時間と支援が必要です。

 


ed02
海底清掃のメンバー達は、そうした状況の中でも、未来の希望を語ることのできる人材です。潜水活動などには資格や経験が必要です。先輩後輩・OBであるかないかを問わず、共に活動をしてくれる有資格者の参加を呼びかけています。活動はこれからも継続されますので、可能な方は、どうか参加を検討していただけないでしょうか。また、参加できない者にもできる支援として、この活動に対する資金を寄附し、応援してもらえないでしょうか。少しずつでも、未来へ繋ぐ希望を語ることで、越喜来の、三陸町の方々を応援していこうではありませんか。

ed04
前回の活動内容もこの「三陸町の復興を考えたい」で報告していますし、今後も継続して行っていきます。提言も、お待ちしています。

 

とりあえず出来ることからと始めた活動ですので、至らない点も、更なる工夫が必要となる事柄も、たくさんあると思います。そうした意見や提案も、今後の活動の糧にしていきたいと思っていますので、どうかこの「三陸町の復興を考えたい」への書き込みもお願い致します。

私たち、三陸町で学生時代を過ごした者には、肺の底にあの時の空気が、血液には越喜来湾の海水の一部が、まだ残っているように思えてなりません。浦浜から崎浜への道路のカーブを、身体が覚えていませんか?やはり我々の第二の故郷は、三陸町だと思うのです。その故郷に恩返しをしたい気持ちを、皆さんと共に、活動で支援で言葉で、表していきたいのです。

 

ご協力を、お願い致します。



facebook内にはその他にも様々な情報が集まってきます。
<協力:「三陸町の復興を考えたい(facebookページメンバー)」>

学協会の動向について

三陸は学生時代の9年間を過ごし, 卒業後も調査フィールドとしてたびたび訪れていた言葉では言い表せないほどかけがいのない土地です。その三陸沿岸は現在どのような状況にあるのか, また今後の漁業はどのようになるのかについて, 各所で様々な調査, 議論, または各省庁への提言もなされています。震災から半年が経った今, 特に学協会においてどのような動きがなされているのかを, ごく一部ですが紹介したいと思います。続きを読む

Ohfuna to Ohfunato に行ってきました

DSC01829

7月16日に神奈川県の大船で行われた
岩手県復興支援イベントの「Ohfuna to Ohfunato」に行ってきました。
続きを読む

夏の行事紹介

夏に行われる、行事などの情報です。


会社の短い夏休みを利用して、夏に三陸を訪れようと考えている卒業生も多いと思います。現段階で夏休みに企画されている行事について、紹介してみたいと思います。
ただし訪れる際、夏の時点で三陸町周辺の宿泊施設等がどの様な状況かを、渋滞等で迷惑をかけないよう今後見定める必要があります。その辺もわかり次第ご案内しますし、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。

続きを読む

ご挨拶


東日本大震災で被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。


このブログの目的および内容について
目的:お世話になった三陸の皆さんへ「私たちは忘れない!」と言う思いを末永く届け、いつか三陸で地元の方とともに巨大な「同窓会」を開く。
①卒業生から三陸へのメッセージ
②三陸の人からのメッセージ
③三陸に行った方からのレポート
④支援イベント等の告知
⑤その他

世代ごとに違った三陸との関わり方や思い出がある事と思います。
今後、サイトの運営を世代ごとに交代しながら、三陸へ思いを届けられれば素敵だなと思っています。
「遠く離れ、何もできない事がもどかしい・・・」。
そんな卒業生の声も多く聞きます。
卒業後、就職。結婚して子供もいて、なかなか動けない卒業生も多いでしょう。
このブログがそんな同志の思いも届けられる場になればと思います。

皆さんとともに三陸沖に漁火が灯る日を夢見て、恩返しをしていきましょう。

【ブログについて】
三陸の皆様へ向けての情報発信は
ブログ「拝啓、三陸の皆様。
卒業生への情報発信は
ブログ「越喜来チルドレンの集い」にて行っていく予定です。



コメントは承認制となっています。サイト運営者の承認後反映されます。コメントは北里大学卒業生のみではなく、三陸を思うどなたからでもかまいません。
各記事へのコメントを見るには、記事下段にある「コメント」をクリックしてください。
トップの記事以外の全文を読むには「続きを読む」をクリックしてください。
当サイトのメールアドレスです。
記事へのコメント以外のレポートやメッセージなど、各種情報はこちらへお願いします。

コピーしてお使いください。
sanrikudaisuki@gmail.com
記事検索
運営者プロフィール
当初のメンバーに加え、多くの北里大学水産学部卒業生「リトル越喜来」にて運営しています。
当サイトについて
当サイトは商用利用以外、リンクフリーです。
以下のバナーをお使いください。

Blog-bunner
Copyright 2011 Dear_Sanrikers. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.
本ブログにおける内容は、国際条約ならびに日本の著作権法により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。

リンクはフリーですが、ご一報いただければ幸いです。
ここを訪れた「思い」の数
  • 今日:
  • 累計:

リンク集(その他)
東北思い出写真館 震災前の東北の写真の投稿サイト。 bn_140
越喜来MOVIE
ギャラリー
  • 写真展~俺の三陸~開催のお知らせ
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 三陸に想いを寄せる
  • 三陸に想いを寄せる
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 三陸の皆様へ
  • 埼玉県志木市「越喜来や」
  • 第7回 越喜来・海底清掃ボランティア実施のお知らせ
  • 第7回 越喜来・海底清掃ボランティア実施のお知らせ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ