岩手県大船渡市三陸町。越喜来半島に聳え立つ我が学び舎「北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)」。学生時代、地元の方々は地方からやってきた若造の我々に、親のように接してくれた。2011年3月の震災にて我々の「第二のふるさと」は波に飲まれ、多くの尊い命が奪われた。受けた恩は返すもの、そして今こそ、その時。このブログは「三陸の父、母」に思いを届ける場。卒業生の思いよ、ここに集え。

2012年03月

越喜来チルドレンから三陸の皆様へ~当日参加できなかった卒業生より2~

私は学力不足で学校の授業にはついていくのが精一杯。
諸先生方のお力添えでなんとか卒業させていただいた落ちこぼれでした。
そんな私にとって「三陸で何を学んだ?」との問いに、自信をもって答えられることがあります。

それは「コミュニケーション」です。


三陸の人たちはみんな温かかった。


一見すると寂しい田舎暮らしは、私にとって今思えばさした人生の年輪を数えてはいませんが
一番華やかな時だった気がします。
6畳一間のアパートに一人でいても、この町にはたくさんの私を知っている人たちがいる。
そんな安心感があふれていました。

引越し移動日に事故をして、とにかくお金が無いので何でもやりますからアルバイト紹介してください!」と泣きついたのがしてん食堂との出会いでした。

してん食堂の睦子さんにはとにかくお世話になりっぱなしで、心の懐がとっても大きく何かあれば友達の家より食堂に足を向かわせるほどでした。

感謝しても感謝しても追いつきません。

そう


三陸の女性はみんな強かった。
出会う人出会う人、みんな自分を信じて何かに一生懸命打ち込んでいる、そして毎日忙しいながらも充実している、そんな人が多かった気がします。

貴重な出会いでした。

こんな貴重な出会いを経験させてくれた三陸に大学に感謝したいです。

どんな職業についても、専門技術の前に冒頭触れた「コミュニケーション」は
その良し悪しで職場の居心地や評価基準を大きく左右すると思います。

そんなことを口走る私が別に出世街道万進中という訳ではありませんが
三陸での3年間がなかったら、今よりは人として足りていない事があったんではないかって
よく思います。

TVで被災された方がお話されてました。

「明日やることがある幸せ」

そんな胸中を持ちながら日々過ごす東北被災地の方にとっては
1年ごときでは何も変わっていない、またあの「悪夢」が蘇るだけなのかもしれません。

今日こうして相模原キャンパスを使って催しをしたこと、すごく意義深く価値あることだと主催された方たちを尊敬します。
一様に仕事や家庭を抱えながらの準備は、さぞご苦労されたことと思います。

この震災復興のゴールは原発も含めると50年だとか100年といった規模で、見ていく必要があると聞きました。

続けていただきたい。

復興支援で集まる募金額は、月を追うごとに減少しています。
こうしたイベントが繰り返され、年を追うごとに逆に規模が大きくなれば、世間の目が1年に1度でもこの震災に向き支援の力が復活すると思います。

それが繰り返されることで被災地の方が3.11を、「悪夢」を思い出す日から、「絆」を感じる日に変わっていけば素晴らしいと思います。

とっても長い道のりだとも思いますが・・・

参加もしないで偉そうなことを申し上げてしまい恐縮ですが、是非毎年開催できるよう影ながら応援しております。

最後になりましたが、この震災で犠牲になられたたくさんの方々のご冥福を、1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

<1999年卒業/長野県在住・男性>
 

越喜来チルドレンから三陸の皆様へ~当日参加できなかった卒業生より~

三陸への思いは皆さんの両親も同じです。

2007年卒業生の一部はI君のお墓に行くそうです。

その後に北里大学に顔を出したいと言っていました。


私は妻と一緒にこれから三陸に向かいます。
I君やT君の一周忌を
そこで迎えたいと思っています。

I君は陸前高田博物館で、T君は竹駒で
と考えています。


今年一年間、大変につらい思いでした。
子供は無事でしたが、親友を亡くした
長男の辛さははかりしれません。
でも皆さんも同じ気持ちを共有しています。


この震災を忘れるのに何年かかるかわかりません。
でも、北里大学がまた
越喜来で復活してくれることを切に望んでいます。
文が滅裂になりましたが、
3月11日は陸前高田と越喜来に顔を出したいと思います。 

合掌
<保護者 N>
 

 


社会人になってから毎年
3月はカナダの方で、水産関連の仕事をしております。

ただいまカナダ出張中であり、参加できません。大変申し訳ありません。

昨年の三月もこちらカナダにて震災の情報を聞きました。

CNNのテレビにて、凄まじい映像に心が砕け散りました。

震災から早一年が過ぎようとしているのですね。
 

そして現在、私の生活は変わらないまま、震災から一年が経つ日にカナダで仕事をしております。
三陸に「がんばってください」とか「あきらめないでください」とか、簡単な言葉を掛けることがふさわしいのかどうか悩みますが、私が社会人となり、過酷な状況下でも仕事を続けていけるのは、あの3年間の三陸生活があったからだと確信しております。

だから、私は「ありがとう」と伝えたいです。

アパートがなくなっても、校舎が相模原に移っても、北里水産卒業生の思いは、三陸越喜来にあります。

一年経ち、こちらに来て改め思い起こすことがあり、メッセージだけでも送ろうと、メールいたしました。

2000年卒業/新潟県在住・男性>



2000
年卒業の崎浜に住んでいました。

三陸、はじめていったときは何もないことに驚きましたが、

しばらく生活していると、海や山、優しい人たちなど、何もないどころか、本当にたくさんのものがある場所だとわかりました。

今回、参加できず、また、直接の支援もそんなにできていない状態で本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが、少しでも三陸生活のなかで学んだことを仕事や生活で生かしてまいります。

<2000年卒業/東京都在住・男性>


  

震災から一年が経ちました。

未曾有の震災から早くも一年というべきか、まだ一年というべきか。

今日、世代を超え、距離を超え沢山の仲間達と共に三陸を想う会に参加できない事を、心底遺憾に思います。

昨年5月に約10年ぶりに三陸入し、自分の目で現実を見てきました。
言葉にならない事実を突きつけられ、思い出も何もかもが流されしまい
涙が溢れんばかりでした。

自分達が育ててもらった三陸に、遠くからではありますがエールを送ります。
今日のこの日は会場に行けない私を含め、
三陸ですごした仲間達すべてにおける特別な日となります事を胸に抱き、皆さんと共に想います。

<2000年卒業/石川県在住・男性>


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越喜来チルドレンから三陸の皆様へ ~3~

2001~2011年卒業生からのメッセージ

メゾン三陸に住んでいました。

サッカー部マネージャーをしていたこともあり、

三平食堂では大変お世話になりました。

<2001年卒業/埼玉県在住・女性>



震災から一年が経ち、いまだに不便な生活をしいられている状況にある方々に、どの様な言葉をかけて良いのか…

何かメッセージを書こうとしても、言葉に詰まってしまいます。

言葉にはならない代わりに、いち早い復興を祈り、変わらぬ応援と支援を、復興するその日まで続けていきます

2001年卒業/千葉県在住・女性>
 

なかなかそちらまで足をのばせませんが、

何か協力できることがあったら、

いつでも何かしたい気持ちでいっぱいです。

<2001年卒業/千葉県在住・女性>



311日の三陸の状況を映像で見たときは信じられなく、とてもショックでした。
学生さんや先生方 学校関係者の安否、当時お世話になった地元の方々の安否など不安な日々を過ごしていました。
震災から約1年が経ち、学校は閉鎖され、学生も居ない三陸町だと思いますが、私たちの思い出がたくさん詰まった最高の町が復興することを祈っています。
また、微量ながら復興に力を注いでいきたいと思っています。

2004年卒業/千葉県在住・男性>


 

どんなときも、どんなになっても愛しの故郷です。

病理研究室で過ごした濃い時間は宝物です。

<2006年卒業/神奈川県在住・女性>


 

ラグビー部でよくお世話になった三平。

ママさんの賄いが大好きだった香善。

私たちの知ってる三陸はなくなっても、

第二の故郷であることは変わりません。

こうした会を通して、少しでも三陸の復興に携われたらと思います。

今回参加することで、私の中にあるモヤモヤが

だんだんと晴れていくような気がします。
2009年卒業/東京都在住・女性> 
 
 

私にとっては第2の故郷で色々な体験が出来た場所でした。

卒業してから地元に戻ってからも『帰る』場所だと思っていましたが…。

今でも大切な場所です。

2010年卒業/神奈川県在住・女性>



 

香善 海、親切な人々、澄んだ空気、仲間たち。

本当に、何もかもが輝かしい3年間でした。戻りたい。

2010年卒業/長野県在住・女性> 


三陸での生活が宝物です。

2011年卒業/神奈川県在住・女性>


 

住んでいた丸久アパートは残りましたが、

バイトさせてもらった香善も研究室でお世話になったベリジャー丸も流されて悲しかったです。

でも皆で帰ってこれて、バイト先のオーナーの無事な姿にも会え、

ベリジャー丸も新しく生まれ変わったようなので、寂しいけど嬉しいです。
お世話になった大家さんや震災の被害にあった人の無事と健康を、

また北里生が越喜来を駆け回る日を祈っています。

2011年卒業/神奈川県在住・女性>


 

いろんな人に出会えて、他では出来ない経験をした学生生活は、

私の一生の宝物。

どんな時でも、私たちを受け入れてくれる三陸の人達が大好きです。

2011年卒業/東京都在住・男性>

越喜来チルドレンから三陸の皆様へ ~2~

1991~2000年卒業生からのメッセージ

一生忘れられない大切な場所

<1991年卒業/埼玉県在住・男性>



チーム浪板に所属していました。

三陸は私にとっては第二の故郷で、様々な自然だけでなく、

本当の人の温かさに触れられる貴重な場所でした。

<1991年卒業/埼玉県在住・男性>



三陸は我々卒業生の多くにとって第二の故郷だと思います。

震災については皆が心痛していることでしょう。

何も出来ない自分を情けなく思います。

今思えば勿体ない位 贅沢な時を過ごさせてくれた場所です。

1994年卒業/福岡県在住・男性>



三陸が一日でも早く、街として復興する事を願っています。

1994年卒業/東京都在住・女性> 


楽しい
3年間でした。

あの頃の唯一のネオンは浦浜の信号機でした。()

星は降るほど空にあふれ、海の透明度に驚き、

天然記念物のカモシカは校舎に現れ、クマ出没のアナウンスが流れ・・・

思い出は尽きません。三陸のすべてが思い出です。第二の故郷です。

もう私たちの三陸はなくなってしまいましたが、思い出は永遠です。

どうか一日も早い復興と三陸に住む方たちの幸せを祈るばかりです。

<1994年卒業/神奈川県在住・男性>



三陸の海が好きで、よく泳いでました。

4年生の研究室でのサンプリングで越喜来湾、大船渡湾にボートで出てました。
海の上は寒くて辛かったけれど海の透明度に、毎回感激してました。

<1994年卒業/東京都在住・女性)


 

三陸への絆、何かお手伝いが出来れば…。

<1997年卒業/神奈川県在住・男性>


 

社会から一番遠い場所で、社会に出てから大切なものを

学ばせてもらった気がします。

1998年卒業/埼玉県在住・男性>


 

いつかみんなで必ず帰る!

1998年卒業/千葉県在住・男性>



第二の故郷、心の故郷。三陸では沢山の事を教わりました、

かけがえのない人生の1ページです。

第一中吉荘 橋本自工→ドラッグ杉下→南部鳥→松川屋酒店

他にグランドスラム菅野(ちょびっと一緒にやったことがあるという感じ) 大船渡市役所 システムラボ などでアルバイトなどさせていただいていました。
<1998年卒業/神奈川県在住・男性> 

 


サンリアがなつかしいです

1998年卒業/兵庫県在住・女性)

 

体育会幹部をやらせていただいたこと、

ドンパン、部活、研究室について等々、
数え切れない思い出があります。

1999年卒業/大阪府在住・男性> 
 


アパートはスカイブルー、バイトは香善

お酒を飲んだことのなかった私を変えた場所・・

酔った顔の写真しかない・・・

大切な友達にも出会えた・・

大船渡には、お母さんとお父さんがいてくれます(香善)

うまく言えないけど大切な場所です。

<1999年卒業/東京都在住・女性>



思い出なんて思い出したらきりがないです。。
1999年卒業/東京都在住・女性>


車に轢かれた鹿肉を食べたこと。
6.
住んでいたアパートの名前やバイト先など:浦浜マリンブルー
7.
ご家族等同伴の場合はその旨をお伝えください

1999年卒業/静岡県在住・男性>

  


一年前のあの日、血のつながりもない皆さんの事が、心配で心配でたまりませんでした。

今日ここに集まれた人、集まれなかった人。

みんな三陸が大好きで、皆さんの足元を照らす漁火です。

この日に三陸への思いをより強いものにし、

さらに明るい漁火になればと思っています。

皆さんから受けた恩は、これから末永く返していきます。

2000年卒業/東京都在住・男性>


 

10年近く過ごした三陸には、たくさんの思い出があります。

「絆」を大切にする機会になればと思っています。

2000年卒業/宮城県在住・男性>

越喜来チルドレンから三陸の皆様へ ~1~

北里大学相模原キャンパスにて開催された、北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)卒業生主催「越喜来チルドレンの集い」にて参加者の皆様からのメッセージを、今回の記事よりこちらにご紹介させていただきます。


1981~1990年卒業生からのメッセージ

当時はその自然が当たり前でした。

もっと濃密な時を過ごしたかったと後悔しています。

<1983年卒/神奈川県在住・男性>


 

ボランティアの帰り大船渡の「コジカ」に寄ってみました。
天井近くまで 水に浸かったと言っていましたが、お店を開いていて感激しました。 

在学中あったやたら辛いカレーは、メニューからはありませんでしたが、カレーの味とマスターは 昔のままでした。

但しGTRは、ありませんでした・・・。

<1984年卒業/愛知県在住・男性>
 


一日も早く復興する事をお祈りしております。

コンパ、クラブ、研究室等々思い出書ききれません・・・

<1984年卒業/神奈川県在住・男性>


 

掛け替えの無い多くの友情を育んでくれた土地、それが三陸町。
三陸町での経験、記憶は自分の血となり肉となっている。

<1989年卒業/東京都在住。男性>



震災当日は東京都内の地下鉄線内で地震にあい、

都内の小学校の体育館で一晩を過ごしました。

三陸があんな状態になっていると知ってすごく悲しかったです。

<1989年卒業/埼玉県在住・男性>


 

三陸での思い出は一生の宝です。一日も早い復興を願います。 

1989年卒業/千葉県在住・男性>


 

三陸での3年間がなければ、現在の自分はありません。

今も、三陸の自然と人情とパワーに学んでいます。

<1990年卒業/千葉県在住・女性>


山と海が懐かしい

1990/埼玉県在住・男性>




「三陸を語らう会」

IMG_1341

 昨年の今頃、彼らはこれから始まる三陸でのフィールドワーク(三陸の海を主な対象とした卒業研究)に胸を膨らませていたはずです。
海や山が好きで入学する学生ばかり。しかし震災は彼らの夢も奪い去りました。
最後の一年を謳歌するはずが、体育館での緊急避難生活。
そしてお世話になった方を三陸に残し、相模原への学び舎の移動。
それが若い彼らの心に、どれだけ深い傷を負わせたかは想像に難くありません。

3月のなごり雪に見舞われた先週末。
以前お知らせしました、北里大学海洋生命科学部4年生が「三陸にありがとうを伝えたい」と言うイベントのお手伝いとして 三陸へと行って来ました。
IMG_1391

その名も「三陸を語らう会」。
3月2日に相模原キャンパスをバスで出発。
三陸キャンパス マリンホールにて3日に挙行し、そのままバスで帰るという0泊3日の弾丸ツアーです。

実現まで紆余曲折あり大変苦労したようですが、当日は地元の方々も沢山足を運んでいただき、三陸を巣立つ彼らと久々の再会に笑顔の花が咲いていました。
 IMG_1444


当日は大船渡市出身のシンガーソングライター濱守栄子さんも駆けつけていただき、即興のコンサートを開催。
三陸を巣立つ若人に、はなむけの歌を披露してくださいました。


IMG_1458 
 

私たちお手伝いとして当地を訪れた卒業生の目に、三陸キャンパスはどこか寂しく映り、それと対照的に久々に笑い声や笑顔に満たされたマリンホールが 喜んでいるように見えました。
私たち先輩卒業生たちにとっても三陸は特別なところ。 
「イマドキの学生は」 なんて巷では言いますが、自らが傷つきながらも、それでもなお三陸を思ってくれている現役の4年生たちがいる事が、私たち先輩にとって一番うれしく、頼もしくもありました。
それはこの日足を運んでくれた地元の皆様にも、伝わったと思います。

IMG_1434
 
自分のことを思い返せば、三陸中央公民館で卒業式を終え、その後大船渡プラザホテルで謝恩会。
地元の方々と、そして共に過ごした仲間と共に三陸で盃を交わし、別れは辛かったですがとても暖かく送り出していただき、社会へと飛び立ちました。
この春社会へと出る彼らの手作りのお別れ会。
不器用で、無骨。
でも、とても素敵で、感動的な時間を過ごさせてもらいました。 

 IMG_1525

三陸キャンパスを発つ彼らは笑顔の中にも、名残惜しさが垣間見えました。 

私が昨年三陸を訪れたとき、お世話になった方から「お前たちは川に戻ってくる鮭みたいだな」と言われました。
この春また、鮭の稚魚たちが巣立って行きました。
しばらくは社会と言う大海原に揉まれ、三陸へ向かうことができないかもしれません。
しかしこの若い力はいつの日か、三陸を思う新たな力となり母なる川に戻るはずです。

震災から間もなく一年。 
私たちは決して三陸を忘れません。
【ブログについて】
三陸の皆様へ向けての情報発信は
ブログ「拝啓、三陸の皆様。
卒業生への情報発信は
ブログ「越喜来チルドレンの集い」にて行っていく予定です。



コメントは承認制となっています。サイト運営者の承認後反映されます。コメントは北里大学卒業生のみではなく、三陸を思うどなたからでもかまいません。
各記事へのコメントを見るには、記事下段にある「コメント」をクリックしてください。
トップの記事以外の全文を読むには「続きを読む」をクリックしてください。
当サイトのメールアドレスです。
記事へのコメント以外のレポートやメッセージなど、各種情報はこちらへお願いします。

コピーしてお使いください。
sanrikudaisuki@gmail.com
記事検索
運営者プロフィール
当初のメンバーに加え、多くの北里大学水産学部卒業生「リトル越喜来」にて運営しています。
当サイトについて
当サイトは商用利用以外、リンクフリーです。
以下のバナーをお使いください。

Blog-bunner
Copyright 2011 Dear_Sanrikers. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.
本ブログにおける内容は、国際条約ならびに日本の著作権法により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。

リンクはフリーですが、ご一報いただければ幸いです。
ここを訪れた「思い」の数
  • 今日:
  • 累計:

リンク集(その他)
東北思い出写真館 震災前の東北の写真の投稿サイト。 bn_140
越喜来MOVIE
ギャラリー
  • 写真展~俺の三陸~開催のお知らせ
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 旧三陸町海底清掃2015年11月
  • 三陸に想いを寄せる
  • 三陸に想いを寄せる
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 旧三陸町崎浜港海底清掃
  • 三陸の皆様へ
  • 埼玉県志木市「越喜来や」
  • 第7回 越喜来・海底清掃ボランティア実施のお知らせ
  • 第7回 越喜来・海底清掃ボランティア実施のお知らせ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ